組織やグループごとに Outlook の予定と在席情報を一目で確認

Microsoft 365 の機能をフル活用した組織カレンダです。
そのままの利用はもちろん、ご要望に応じたカスタマイズの対応も可能です。
SharePoint 上で動作し、ブラウザから直接 Microsoft 365 のサーバをアクセスし表示するため、余計なオーバヘッドもなく素早く表示されます。

グループごとの予定を一覧表示

組織やグループごとに予定を一覧で確認できます。
組織やグループは CSV ファイルで定義して、アップロードするだけで簡単に定義できます。
もちろん会議室や設備も併せて表示することができます。

組織構造を階層で表示

組織やグループは階層構造で定義できます。
階層化されたグループをまとめて選択することや、グループの単位で出席者を指定することができます。

事業所ごとの会議室を指定可能

会議室の一覧表示の際には、ユーザが所属する事業所の会議室が優先に表示されます。
また、事業所の空き会議室を検索することができます。

様々な予定や会議室の登録が可能

毎週水曜日の開催など、繰り返しの予定を作成することができます。
複数のユーザを含む会議の開催や、代理での予定の作成も可能です。タイトルと時間などは素早く変更することも可能です。
参加メンバーのスケジュールが空いているか確認しながら時間を指定することができます。

(赤枠をドラッグして選択し時間を指定できます)

セキュリティに基づく表示

Outlook で設定されたセキュリティに基づき予定は表示されます。
詳細な表示や空き時間だけの表示など、Outlook で設定されたとおりに表示されます。
特定の予定を秘密にしたり、他人には表示されないように設定することも可能です。

(空き時間のみの表示)

ユーザの在席情報も表示

ユーザのプレゼンスを確認することができますので、今連絡可能なメンバーか確認できます。
ローカルに Skype アプリをインストールしていなくても利用できます。

お知らせ機能

全員または特定のグループへの通知事項をカレンダ上に表示できます。

月・週・日でスケジュールを確認。モバイル表示も可能

週表示以外に月や日単位に予定を表示することが可能です。
スマートフォンやタブレットでの表示も可能です。

価格

こちらまでお問合せ下さい。


FAQ

Q. オンプレミスの環境でも使えますか?

Microsoft 365 専用のアプリです。

Q. Microsoft 365 以外のサーバは必要ですか?

組織カレンダは SharePoint ホスト型で追加のサーバなしに使用することは可能です。
ただし、一部の機能で Microsoft Exchange Web Service を呼び出すことがあり、クロスドメイン処理を行っています。
このため、IE のクロスドメイン機能を有効にするか、CORS を処理可能にするためのリレー用のサーバを Azure 等に用意する必要があります。
主に予定の更新時に利用されるため、100人以下であれば Azure の Shared プランでも利用可能です。
1,000人程度で B1プランをおすすめします。 高い可用性や性能が要求される場合はそれに合わせてサーバ能力を増強可能です。
Azure App Serviceの価格

Q. どのようなサポートが受けられますか?

導入時の初期設定および製品に関する問い合わせをメールベースでお受けいたします。
購入後 6か月間になります。月契約の場合は契約期間中になります。

Q. Webサービス版の提供はないのでしょうか?

現在検討中です。詳しくはお問合せください。

Q. 試用することは可能ですか?

詳しくはお問合せください。