あなたの会社専用の Microsoft 365

あなたの会社だけの Microsoft 365 を導入しませんか?

「メール以外使っていない」,「SharePoint ってどう使えばいい?」など、実は Microsoft 365 の機能を有効に活用できていないのではないですか?
Exchange の予定表や、SharePoint のワークフロー、在席機能など便利な機能を使っていますか?

汎用的に作られた画面では使いにくかったり、いままでのグループウエアと違っていたり、といろいろ障壁はありますが、 カスタムアプリを利用してもっとあなたの会社の Microsoft 365 を使いやすくしませんか?

たとえば組織ポータルを導入。

Exchange の予定表を組織単位に確認して在席情報と合わせて表示、ワークフローや掲示板も合わせて導入すれば社内のコミュニケーションを一元化でき、SharePoint、Exchange も活用できます。

あまり知られていませんが、Microsoft 365 ではこのようなアプリを導入・カスタマイズが簡単にできます。

上記は一例で、プロアクシアでは他社にないアプリを用意して、様々なカスタマイズのサポートを提供しています。

Microsoft 365 アプリ カスタマイズサービス

Microsoft 365 を利用しているユーザからこんな要望はありませんか?

  • 今まで利用していたグループウエアと同じ組織ごとの予定を一覧表示してほしい
  • 電子電話帳に在席状況を表示したい
  • 回覧板の未読のお知らせだけ表示してほしい
  • 関係部署だけにお知らせの通知がしたい
  • タイムカードが欲しい
  • 勤務時間の報告に合わせて業務報告を合わせてさせたい
  • 休暇申請や仮払い申請をワークフローで処理したい

標準では以下の2つのメニューから開発内容によって選択していただきます。
開発はアジャイル手法で行われます。
具体的には、期間を限定したタイムボックスと呼ばれる手法で、実物のアプリを確認しながら開発を進めますので手戻りが最小化されます。

  • 基本コース(開発期間:2週間、フォローアップ QA:1週間) 480,000円(税抜)
  • 拡張コース(開発期間:4週間、フォローアップ QA:2週間) 960,000円(税抜)

標準シナリオ

シナリオ名 説明
掲示板・回覧板標準のお知らせに既読・未読管理や投稿時のメール送信機能の追加に加え、簡易アンケート機能や集計機能をカスタマイズして提供します
組織カレンダ・在席管理組織単位に予定表を並べて表示。会議室の空き検索などのカスタマイズを提供します
また、Skype for Business を利用したカスタマイズを提供します
ワークフローワークフローアプリや Visual Studio を利用したワークフローを提供します

FAQ

Q. 予定の期間で開発が終了しない場合はどうなりますか?

期間に合わせて開発できる機能を決定するためこのようなリスクは最小化しますが、 一部の機能を制限するなどの調整をお願いする場合があります。
そのうえで必要に応 じて追加開発(1週間~)を実施いたします。

Q. カスタムアプリを大規模開発することはできますか?

上記の開発メニューを複数人・複数回実行する方法、あるいは個別にお見積りをして実施することも可能です。

Q. フォローアップ QA の対応範囲はどのようになりますか?

開発したアプリのバグ対応や、利用方法の QA になります。
新しい機能の開発やデザインの変更は対象外になります。

Q. 標準コースと拡張コースの違いはどのようになりますか?

標準コースと拡張コースの違いは開発に利用できる工数の違いです。
標準コースでは、主に標準シナリオに沿った機能の開発でデザインなどの修正を行います。
拡張コースでは、標準コースに加えさらに機能追加などを行います。 また、標準シナリオにない新しいアドインの開発も対象にできます。

Q. アプリの実行に Azure のコンピュータリソースは必要ですか?

ケースバイケースです。
SharePoint ホスト型アプリについては SharePoint Online 上で動作するため Azure のコンピュータリソースは必要ありません。
無料ダウンロードで提供しているアプリは、すべて SharePoint ホスト型であるため必要ありません 。