ローコーディング ・ノンコーディング 開発

ローコーディング・ノンコーディングでアプリケーションが構築できる PowerApps を利用して、既存の紙ベースの申請や、Excel ファイルでデータ管理しているカジュアルな社内業務をアプリケーション化します。
アプリケーション化することで、ペーパーレスになるだけでなく、モバイルデバイスなどを利用して移動中でも利用できるようになり、作業効率の向上や働き方の改善を行います。

下記は、PowerApps のキャンバスアプリで作成した、旅費申請システムの例です。
同様の形式で、 『備品貸出管理』,『点検履歴管理』,『休暇申請』,『来客申請』などの業務でも利用可能です。

  • キャンバスアプリは、モバイルデバイスと PC の Microsoft Teams の両方から利用いただけるので、移動中でも簡単にデータ登録できます
  • 承認者は SharePoint Online に登録されたリストを確認して承認処理を実施します
  • モバイルデバイスのカメラを利用すれば、領収書の写真も一緒に登録可能です

ワークショップ

弊社では、PowerApps・ Power Automate を利用したアプリケーション開発手法を学習いただくための、ワークショップを準備しております。

タイトル概要前提スキル金額
PowerApps
基礎 (半日)
• Power Apps 概要
• 契約プラン
• キャンバスアプリ / モデル駆動型アプリの概要
• キャンバスアプリでの開発手法
• キャンバスアプリで利用する関数
• モバイルデバイスの各種インターフェース(カメラ,GPS等)の制御方法
• Power Automate の概要
• Windows、Office の基本操作ができる方
• Microsoft 365 の基礎知識をお持ちの方
• OneDrive の基本操作ができる方
130,000円~
PowerApps
応用 (半日)
• PowerApps 概要
• 契約プラン
• キャンバスアプリ / モデル駆動型アプリの概要
• モデル駆動型アプリでの開発手法
• Power Automate を利用したデータ連携
(Common Data Service、SAP)
• PowerApps 基礎の内容をご理解いただいている方
<望ましいスキル>
• Web関連 (HTTP、JSON) の知識
130,000円~
  • 各トレーニングの定員は5名です。5名を超過する場合は、補助要員の追加費用の調整が必要になります。
  • トレーニングを開催用の会議室をご準備下さい。(プロジェクタ、ホワイトボード)
  • トレーニング中に開発をしていただくためのPCを各自ご準備下さい。
  • Microsoft 365をご利用いただくための、PC環境をご準備下さい。
    ブラウザー要件
  • インターネットに接続できるネットワーク環境をご準備下さい。
  • スマートフォンのご準備下さい。 (Android 5.0以上 もしくは iOS 9.3以上)
  • 標準の演習環境は Microsoft Microsoft 365 のトライアル版を前提としたハンズオントレーニング環境としております。

[オプション]

  • 動画によるセミナーと Q&A セッション (オンライン) をセットにした提供方法もご準備しております。
  • 動画コンテンツは、ご購入いただきました会社様内で再利用可能ですので、社内の教育資材としてご利用いただけます。
  • 各動画によるセミナーにオンラインでの Q&A セッションが1時間分セットになっておりますので、動画で受講いただいた人からのご質問に対するフォローアップも実施いたします。
  • Q&A セッション の追加開催が必要な場合は、有償で追加対応可能です。

1 Day 業務アプリケーション開発

Microsoft の Power Platform を活用し、 モバイルデバイスで稼働する PowerApps のキャンバスアプリの開発を、お客様と一緒に1日で実施します。

モバイルデバイスから SharePoint Online や Excel ファイルにデータにアクセスする業務シナリオの場合、下記のようなシステムが容易に構築できます。
『備品貸出管理』,『点検履歴管理』,『休暇申請』,『来客申請』など、比較的簡易な業務を容易にシステム化して、業務効率の改善を体験いただきます。

Power Apps 技術レクチャー & 開発支援

Power Apps を利用した業務システムの開発作業を、お客様と一緒に実施いたします。
開発作業やインフラ環境の構築作業のノウハウを連携しながら、お客様に作業いただくことで、お客様の開発技術の向上を目指します。
各週で実施する作業内容を整理し、お客様に課題を実施いただくことで開発・環境構築作業を進めます。

作業期間の目安としては、6~8週程度で完了する規模で開発を行い、追加要望がある場合は、継続して開発のサイクルを実施します。

テーマ
第1週 キックオフ ・ 要件定義
第2週 機能整理 ・ インフラ構築
第3週 データ同期 ・ アプリ開発
第4週 アプリ開発
第5週 アプリ開発 ・ 監視設定
第6週 テスト
第7週 リリース・振り返り

インフラ環境の構築支援

Power Apps はクラウドサービスとして提供されているため、作成したアプリケーションからデータを取り扱う場合、クラウドから接続できる環境を構築する必要があります。

クラウド上に保存されている Microsoft Dataverse (旧CDS:Common Data Service) のデータや、SharePoint Online 上のデータなどを利用する場合は、Power Apps で準備されている既存の接続設定を利用することで容易に接続することができます。

イントラネット環境にあるデータベースを参照する場合は、 クラウドから接続を中継するためのデータゲートウェイサーバを配置する必要があります。
データゲートウェイサーバの構築作業及び、データゲートウェイサーバが利用する通信に関するネットワーク構成に関してご支援させていただきます。

また、ご利用されるシステムの重要度やデータ量に合わせて、データゲートウェイサーバを複数台構成にして冗長化対応や負荷分散構成を構築することも可能です。

SAP システム連携

SAP 上に蓄えられた重要なデータに必要なシーンで迅速にアクセスできるようになり、業務の効率化やスピードアップに貢献します。
PowerApps で開発したアプリケーションは、モバイルデバイスや Microsoft Teams をインターフェースにして利用できるため、手軽に基幹システムのデータにアクセスできます。
商品の在庫状況の確認や、リアルタイムな販売状況確認など、必要なデータにダイレクトにアクセスするアプリケーションを容易に開発できます。
業務ニーズに合わせて迅速なアプリケーションの提供が可能になり、業務効率改善に役立ちます。